忍者ブログ
飛車の近況をイラストと文でお伝えするブログです。 ※当ブログイラストの許可なき転用を禁止します。
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12日は、とあるアーティストのコンサートを聞きに、富山県にある文化センターに行きました。



「円形劇場ヘリオス」というかっちょいい名前の施設です。

すごく雰囲気のいい、田園広がる田舎町にあります。



映像と音楽を同時に上演するアーティストで、ホーミーやバグパイプなど、

ワールドミュージックと現代音楽が融合したような、美しい曲のコンサートでした。

映像や音楽の美しさは筆舌に尽くしがたいのだが、とりあえずそれはおいといて、



飛車はそのコンサートにやってきた人々(自分も含めて)のファッションも気になってしまった。

服装

(以下グニャっと続きます)



拍手[0回]


びっくりするぐらいみんな似たようなファッションだった!(イラスト参照)


女の子→ゆるっとしたトップス+長めゆったりスカート or ワンピース
足元はサンダル。リュックかトート。控えめなアクセ。

男の子→Tシャツか襟付きシャツ+ジーンズ(無印で揃いそう
足元はスニーカー。付属にトート、帽子、セルフレーム眼鏡など。


いずれも、「ナチュラル」とか「ロハス」というキーワードが浮かびそうな装い!

女子の振れ幅として、森ガールっぽい人、スポーティな人(スニーカー、outdoorのリュックなど)、

エスニック風味の人(飛車はこれに該当)などがいました。

いずれもそこまで華美じゃない。



やはり音楽の系統の影響でしょうか。

⇒やさしい、耳に心地よいワールド系ミュージック。

逆にめっちゃパンクファッションで行ったら一人だけ浮いて面白いな、と思っちゃった。



そして、こんな田園風景の中に、突然こんなファッションの若者が何百人も降って沸いた様子を想像してみると、それもやっぱちょっと異様というか、面白い。



ファッションの話になっちゃった。

まとまりのつかないまま、

終わります。



(長文駄文、多謝多謝)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
菅原 飛車
性別:
非公開
職業:
そのときそのとき
趣味:
絵・旅行・読書
自己紹介:
田舎でゴソゴソイラストを制作しています。
ときどきコミティアに出ます(主に関西)。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]