忍者ブログ
飛車の近況をイラストと文でお伝えするブログです。 ※当ブログイラストの許可なき転用を禁止します。
[108]  [107]  [106]  [105]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人気ブログランキングのニュースで知ったのですが、

明日は東京レインボープライドだそうです。



これはLGBTの存在アピールを目的としたパレードです。

LGBTはレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字です。

いわゆるセクシュアル・マイノリティ全体を表す言葉です。



飛車はこういったパレードに参加したことはないので、

どんな雰囲気なのかいまいちわからないのですが、

こういった活動によってLGBTの理解や認知が進むことを願ってます。

そう、都市部だけでなく、地方の人々の間で広まってくれればいいなあ…。



長くなるのでたたみます。

興味のある人は続きをどうぞ。

拍手[0回]





(つづき)

で、多数派(体の性と性自認が一致していて異性愛者。ややこしいぞう)ではない人々は
セクシャル・マイノリティとかLGBTとか一括りに呼ばれるわけですけど、


女が好きな女の人がいた場合、

「女を愛することは男の属性(男らしさ)であるから自分は男だ。よし男になろう」
という理論でトランスしちゃう人もいるはずだし、

「女を愛しているけど、自認する性は女だからレズビアンになろう」という人もいるはず。

上の二つはだいぶ異なる考え方だと思います。

LGBTという言葉でまとめちゃうのって無理があるんでねーの?
と飛車は思ってしまう。


でもまあ、今は認知の段階で、細分化は次の段階なのかもしれません。





ところで話がだいぶ変わりますが、飛車は中性的な人を描くのが好きです。

アンドロジニーの人はもちろん、性自認と身体が異なる人、パフォーマンスとして異性装をする人、「女(男)らしさ」をすり抜けようとする人。

中性的、といっても色々です。

そういった性別の枠組みにとらわれない人々は
飛車にとって魅力的なイラストのテーマの一つです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
菅原 飛車
性別:
非公開
職業:
そのときそのとき
趣味:
絵・旅行・読書
自己紹介:
田舎でゴソゴソイラストを制作しています。
ときどきコミティアに出ます(主に関西)。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]