忍者ブログ
飛車の近況をイラストと文でお伝えするブログです。 ※当ブログイラストの許可なき転用を禁止します。
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出版社、アジア文化社さんが公募する、「アジア・イラスト賞」というものが2010年の7月にありました。
「アジアのイラスト」と聞いて飛びつかずにはいれなかった飛車、応募したところなんと、入選を頂きました。
今月23日に東京で授賞式があるということでしたので、行ってきました。




…「授賞式」なんて、なんだか硬くて格調高いイメージがありますよね…。

実際もんのすごく、格調高かったです!!

神楽坂の、立派な会場でした!
その名も「日本出版クラブ会館」。
なんかロイヤルな感じのとこでした。

いろいろ勉強になりました。
今回は「入選」でしたが、もっと上を目指して精進したいものです。

授賞式

(以下だらーんと続きます)

拍手[0回]


(以下23日の行動)
東京日帰りを敢行した飛車、午前中は見たかった展覧会、午後は授賞式、と無謀な計画を立てて出発。

もちろん使ったよ!JRの白いヤツ。
この日ももちろん北陸は大雪でしたが、東京は快晴とのこと。
なんか悔しいので、どこで雪がなくなるか行きの新幹線で観察しちゃったぞ。
岐阜県の垂井町ってとこでぴたっと雪がなくなりました。
おお、なんか見つけたよ!マージナル!



東京について都の現代美術館に直行。
見たかった「トランスフォーメーション」という展覧会を見る。
うーん、重い…。
ヤンファーブルのエキセントリックな立体と高木まさかちゅ氏の比較的新しい映像が見れたのがよかった。

それから、ペインティングの作品を前よりもおもしろく感じるようになった。
イラストを描くようになって、「同業者」に敏感になり始めたのかも。
インド・イスラムのペインターおもろっ。
……


とかしているうちに、美術館を出る予定時刻を大幅にオーバー。
神楽坂にある授賞式会場に駆け込む。




どーん!!!

しぶーい!

実は飛車がF県に住む直前にバイトをしていた出版社がすぐそこにある。
なのにおはずかしながら、出版クラブ知らなかったです…。



なんでも飛車が入選を頂いた「イラスト賞」は、エッセイや小説などの様々な文芸賞部門の一つとして、今回から新たに設けられたものだそう。
アジア文化社さんの雑誌を見て、「年配の読者の方が多いのかな?」と思っていたが、
(実際文芸賞では年配の受賞者の方が多かった)
イラスト賞はたくさんの世代の人々から応募があったようで、見た感じでは学生さんの受賞が多かった。
(エッセイや詩の受賞者の方にも若い人々がいました。)



受賞者のスピーチが身にしみた。
みなさん、仕事や家庭を維持しつつ地道に文筆業を頑張っているようだ。
飛車も頑張らねば…。


帰りの新幹線の時刻がせまり、あわてて途中退席(←失礼なヤツ)。神楽坂を駅へと降りる途中であった千鳥屋さんというお店で家族にお土産の白餡まんじゅうをマッハ購入。
(家で食べたけど旨いよコレ、うまいよ!)


帰りの新幹線はもちろん爆睡。北陸線への乗換を待つ米原駅が地獄の寒さだった。
あそこはツンドラ気候だろ!ケッペンしっかり!



授賞式で頂いた賞状と、記念品(アジア~ンな感じのペンケース)です。


(長文にお付合いくださりありがとうございました)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
菅原 飛車
性別:
非公開
職業:
そのときそのとき
趣味:
絵・旅行・読書
自己紹介:
田舎でゴソゴソイラストを制作しています。
ときどきコミティアに出ます(主に関西)。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]