忍者ブログ
飛車の近況をイラストと文でお伝えするブログです。 ※当ブログイラストの許可なき転用を禁止します。
[129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに映画館に行きましたー!

「のぼうの城」は本屋さんでオノナツメ氏のイラストが目をひくな~
程度の印象しかなくて、読んだことはなかったんですが
前評判がおもしろそうだったので、見に行きました。

感想だけ載せますが、ネタバレのおそれがあるので
以下ご注意ください。






まず、この作品最大の見どころは、
主人公こと「のぼうさま」が城代をつとめる軍勢500で、
石田三成率いる2万の兵とわたりあう、というスケールのダイナミックさ。

それ以外にも男勝りの魅力的なヒロインや個性豊かな仲間たち、
主演の野村萬斎の舞など、見どころがたくさんあって、大変楽しめました。

ところで、

この主人公ののぼうさま、民から相当バカにされている
どーしようもない人物という設定なのです。

そんなどーしようもないのぼうさま、どうして兵の司令官になったかというと、

ひょろひょろした外見とは裏腹にめっぽう腕が立つ剛の者、というわけでも、
勇猛果敢で巧みな策を練る用兵家、というわけでも
相手の補給を絶ち、地の利を生かす切れ切れの戦略家、というわけでも

ないんです!!

武器はザ、人情味!おんりーです!!

「あの人、放っておけないからなー」と思わせるだけで臣民の心を掌握しています。

そんな馬鹿な…。


うれしかったことは、上地雄輔演じる石田三成が、
聡明で志高い人物として描かれていたこと。
(秀吉の水攻めに憧れて、自分もやろうとする節操のなさはあったけれど…)

三成って、なにかと悪役にされてしまうことが多いので。

それから、三成の盟友、大谷吉継が描かれていたことです。
地元にゆかりのある人なので素直にうれしい。



戦のシーンは、臨場感のある演出になっていましたが、
悲壮感やシリアスさよりは、軽快さやダイナミズム、
躍動感などを前面に押し出していました。
だからまるで、運動会を観戦している感じでした。



歴史的事実がもとになっているのですが
重厚な時代劇というよりかは、現代劇に近い
エンターテインメント性の強い作品になってました。
一緒に見た妹なんかは「アニメっぽい」と言ってました。
楽しく見るのにちょうどいい映画でした。


とりあえずは小説も読んでみようと思います。



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
菅原 飛車
性別:
非公開
職業:
そのときそのとき
趣味:
絵・旅行・読書
自己紹介:
田舎でゴソゴソイラストを制作しています。
ときどきコミティアに出ます(主に関西)。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]